×

相鉄,3月13日にダイヤ改正を実施

相鉄20000系

写真:相模鉄道20000系  編集部撮影  2018-1-17(取材協力:相模鉄道)

相模鉄道は,2021(令和3)年3月13日(土)にダイヤ改正を実施すると発表した.

 今回の改正では,早朝時間帯に羽沢横浜国大発西谷行きの列車を,平日に2本,土休日に1本増発する.
 平日朝のラッシュ時間帯では,現行で海老名発の列車のうち,各停2本を特急横浜行きに変更するとともに,各停の一部を急行横浜行きに変更する.また海老名発のJR直通列車3本の行先を,現行の赤羽(1本)と新宿(2本)から池袋行きに変更する.いずみ野線では,湘南台から横浜方面への運転パターンを見直す.夕方ラッシュ時間帯では,横浜駅ホームの混雑緩和と,運転種別・行先ごとの車内混雑の平準化を図るため,列車の運転パターンを見直す.これにより,途中駅での接続列車が変更となる.

相模鉄道12000系

写真:相模鉄道12000系  編集部撮影  厚木操車場にて  2019-4-5(取材協力:相模鉄道)

 日中時間帯については,平日・土休日ダイヤとも利用実態にあわせて,運転種別・運転区間・運転本数を見直す.あわせて,JR直通列車の種別を各停に変更し,各駅からJR直通列車を利用できるようにする.このほか,土休日ダイヤの夕方時間帯は,横浜発の列車を急行・快速・各停とし,JRからの直通列車を特急に変更する.
 新型コロナウィルス感染拡大の影響により,深夜時間帯(おおむね22時以降)の利用が減少していることから,平日ダイヤを土休日ダイヤとほぼ同じダイヤとする(土休日ダイヤは,現行からほぼ変更なし).
 安全対策に関する作業時間確保などのため,相鉄新横浜線(JR直通線)を除く全線において,おおむね15分〜20分程度,終電時刻の繰上げを実施する.これにより,平日ダイヤと土休日ダイヤで,終電時刻が同じになる.なお,始発時刻の繰下げは行なわず,終電時刻の繰上げについては,緊急事態宣言発出にあわせ,2021(令和3)年1月20日から実施している内容とは異なる.
 詳しくは,相模鉄道のニュースリリース(PDFファイル)に掲載されている.

写真はイメージです.