×

国土交通省,羽田空港アクセス線(仮称)の鉄道事業を認可

国土交通省,羽田空港アクセス線(仮称)の鉄道事業を認可

国土交通省は,JR東日本から申請されていた羽田空港アクセス線(仮称)計画ルートのうち「アクセス新線」の第一種鉄道事業許可申請について,2021(令和3)年1月20日(水)付けで許可したと発表した.

 認可された区間は,東京貨物ターミナル—羽田空港新駅(仮称)間の約5.0kmで,整備される駅は,羽田空港新駅(仮称)の1駅となる.事業費は3000億円で,田町駅付近から大汐線を経由し東京貨物ターミナル付近までの改良区間(約7.4km)が含まれている(車両費は除く).運行計画では1日あたり片道72本、1時間あたり4本を想定し,2029(令和11)年の開業を予定している.
 なお,改良区間については,宇都宮線・高崎線・常磐線方面に向かう「東山手ルート」として位置づけられているが,このほかのルート構想として,大崎駅から,りんかい線を経由し,東京貨物ターミナル付近から上記「アクセス新線」に入る「西山手ルート」や,りんかい線東京テレポート方を経由する「臨海部ルート」なども想定されている.

画像はJR東日本のニュースリリースから