×

小田急,MaaSアプリ「EMot」で「特急券無料引換券付デジタル箱根フリーパス」を発売

小田急,MaaSアプリ「EMot」で「特急券無料引換券付デジタル箱根フリーパス」を発売

小田急電鉄は,MaaSアプリ「EMot(エモット)」にて,2021(令和3)年2月28日(日)までの間,「特急券無料引換券付デジタル箱根フリーパス」を発売しています.
 これは,スマートフォンで箱根周遊を楽しめる「デジタル箱根フリーパス(特付)」と,往復分の特急券を無料で引き換えられる「特急券無料引換券」の2種類の電子チケットで構成するもので,料金は通常のデジタル箱根フリーパスと同額です.

※画像:小田急電鉄のニュースリリースから

商品名特急券無料引換券付デジタル箱根フリーパス
発売期間2021(令和3)年2月28日(日)まで
利用期間2020(令和2)年12月9日(水)〜2021(令和3)年3月2日(火)
内容以下の2種類の電子チケットからなる商品です.
(1)デジタル箱根フリーパス(特付)
●「デジタル箱根フリーパス」と同様,お得に箱根周遊が楽しめます.
 以下の点が「デジタル箱根フリーパス」と異なります.
 ・渋沢—小田原間が発駅に含まれません.
 ・チケット譲渡機能は利用できません.
 ・大人用のみの発売です.
 ・特急券無料引換券を使用して「デジタル箱根フリーパス特典 特急券」を受け取った後は,払い戻しと利用区間などの変更ができません.
(2)特急券無料引換券
●下記指定駅の引換窓口で,「デジタル箱根フリーパス特典 特急券」を受け取るためのものです.
 引換窓口...新宿(西口地上営業センターのみ),成城学園前,新百合ヶ丘,町田,相模大野,海老名(中央改札口窓口のみ),本厚木,伊勢原,秦野の各特急券発売窓口
●「デジタル箱根フリーパス特典 特急券」は旅行初日に,以下の条件で往復分の座席指定ができます(復路分を帰りの際に指定することはできません).
 ・「デジタル箱根フリーパス(特付)」に記載の有効期間中に,小田原,箱根湯本を発着する特急ロマンスカー全列車のうち空席があるもの(サルーン席は対象外).
 ・「デジタル箱根フリーパス(特付)」の発駅から小田原方面(秦野まで)にある各ロマンスカー停車駅と小田原・箱根湯本駅との間の区間で発着指定ができます(往復の区間が同じ必要はありません).
※なお,江ノ島線各駅が発駅の場合は町田駅から,多摩線各駅を発駅の場合は新百合ヶ丘駅から,それぞれ小田原方面(秦野まで)にある各ロマンスカー停車駅と小田原・箱根湯本との間の区間で発着指定ができます.
発売金額デジタル箱根フリーパスと同額
※発駅により異なります.
※2日用...4990円~5700円,3日用...5390円~6100円
発売場所MaaSアプリ「EMot」
そのほか●窓口が混雑する場合があるため,時間に余裕をもった利用にご協力ください.
●購入済みの特急券との交換や,予約中の特急座席との引き換えはできません.
●「デジタル箱根フリーパス特典 特急券」への交換後は,「特急券無料引換券付デジタル箱根フリーパス」に関する払い戻しはできません.
ご案内「特急券無料引換券付デジタル箱根フリーパス」の発売について(小田急電鉄ニュースリリース,PDFファイル)