×

ビコム,「相模鉄道 新7000系 4K撮影作品」を11月21日に発売

access_time
2020年11月18日掲載
ビコム,「相模鉄道 新7000系 4K撮影作品」を11月21日に発売

ビコムでは,「相模鉄道 新7000系 4K撮影作品 横浜〜湘南台/横浜〜海老名 展望&運転操作映像」を2020(令和2)年11月21日(土)に発売します.
 相鉄7000系のうち,1986(昭和61)年に登場した第12次増備車は,前面のデザインが大きく変わったため,新7000系と呼ばれています.2022(令和4)年開業予定の相鉄・東急直通線に向けて,相鉄は20000系を増備し,新7000系は順次引退することが決定しています.特に第14次増備車以降は,直角カルダン駆動方式とGTOサイリスタによる大きな磁励音も相まってファンにとっては魅惑のポイントです.
 本作は,新7000系独特の駆動音を記録するため,電動車で音声を収録しています.また本編の前面展望映像に加え,運転席上部にもカメラを設置して,運転士の手元の映像もマルチアングルで収録し,運転操作風景も楽しめます.
 なお,映像特典には,かしわ台車庫で撮影された新7000系の形式紹介が収録されています.

■ビコム ワイド展望 相模鉄道 新7000系 4K撮影作品
収録前面展望76分+運転操作72分+特典7分
価格本体4500円(+税)
発売日2020年11月21日
ご案内相模鉄道 新7000系 4K撮影作品(ビコムWEBサイト)
■ビコム ブルーレイ展望 相模鉄道 新7000系 4K撮影作品
収録前面展望76分+運転操作72分+特典7分
価格本体4500円(+税)
発売日2020年11月21日
ご案内相模鉄道 新7000系 4K撮影作品【ブルーレイ】(ビコムWEBサイト)