×

JR東日本秋田支社,「ありがとう『キハ40・48形』」企画第1弾を実施

JR東日本秋田支社,「ありがとう『キハ40・48形』」企画第1弾を実施
「ありがとう『キハ40・48形』」企画

JR東日本 秋田支社では,五能線のキハ40・48形に,同車両の歴代塗装が描かれたオリジナル行先票(横サボ)を装着して運転します.
 これは,2020(令和2)年冬に,現在運転しているキハ40・48形が引退することにあわせ,「ありがとう『キハ40・48形』」企画の第1弾として実施するものです.

画像はいずれもJR東日本秋田支社ニュースリリースから

内容 オリジナル行先票(横サボ)の掲出
掲出期間 2020(令和2)年11月7日(土)から当面の間
掲出列車 ●東能代7:23発 弘前行き
●弘前16:28発 深浦行き
●深浦20:15発 東能代行き
注意事項 ※列車運用上の都合などにより,通常の行先票(横サボ)を装着して運行する場合があります.
※写真撮影や列車に乗車する場合は,節度ある行動とマナーを守り,沿線での自動車運転などには十分注意してください.
※マナー違反などが繰り返し発生した場合は,企画の早期終了や次回の企画を実施しないことがあります.
ご案内 「ありがとう『キハ40・48形』」企画第1弾について(JR東日本秋田支社ニュースリリース,PDFファイル)