×

西武001系「Laview」,ブルーリボン賞受賞式を実施

access_time
2020年10月25日掲載
西武001系「Laview」,ブルーリボン賞受賞式を実施

西武鉄道では,001系「Laview」が,2020(令和2)年度のブルーリボン賞を受賞したことを受け,2020(令和2)年10月25日(日),西武球場前駅において「Laview ブルーリボン賞受賞式」を実施した.

西武001系「Laview」,ブルーリボン賞受賞式を実施

 受賞式には,鉄道友の会会長・須田寬氏,建築家・妹島和世氏,日立製作所 鉄道ビジネスユニット日本事業責任者・田中徹雄氏,林家たい平氏,西武鉄道取締役会長・後藤高志氏,代表取締役社長・喜多村樹美男氏が登壇し,ゲストとして埼玉西武ライオンズの球団マスコット「レオ」・「ライナ」も登場し,式典を盛り上げた.
 式典では,鉄道友の会から選考の経過説明や,西武鉄道への表彰状・記念盾の贈呈式が行なわれ,さらに「Laview」の車体・車内に掲げられたブルーリボン賞受賞記念オリジナルロゴの除幕式を実施した.
 式典挨拶では,鉄道友の会会長・須田寬氏が「今回,外装や内装だけでなく,床下についても最新の技術を投入し,コンパクトに,そして保守も考えられたレイアウトで,外から見てもいい姿にまとめられており,外装・内装・床下の3つのデザインがほぼ完成形に近いものとして高く評価した」と述べた.
 また,西武鉄道取締役会長・後藤高志氏は,「Laviewは,100年の歴史を有する西武グループが,さまざまな部署から若い人や女性を含むプロジェクトチームを組成し,5年もの間,感性を研ぎ澄ませ,喧々諤々の議論を経て完成させた大プロジェクトである」とし,「今回のブルーリボン賞の受賞は,妹島和世先生をはじめとした妹島和世建築設計事務所の皆さま,技術的な課題に果敢に取り組んでいただいた日立製作所をはじめとしたメーカー各社の皆さま,そして西武グループの社員の力が集結した賜物である」と述べた.
 なお,ステージには,日本大学芸術学部デザイン学科の古瀬愛さんによる,「Laview」の黄色い座席と大きな窓から見える青い空をイメージしたバックパネルが設置され,受賞式に彩りを添えた.

西武001系「Laview」,ブルーリボン賞受賞式を実施

 このほか,上記の受賞式にあわせて,池袋—西武球場前間で「Laviewブルーリボン賞 受賞式特別ツアー」が実施された.
 車内では落語家の林家たい平さんによる司会のもと,建築家・妹島和世氏や日立製作所主任デザイナー・高田裕一郎氏によるトークショーを開催し,車両製作の秘話や舞台裏などが披露された.

写真はいずれも西武鉄道提供