×

近鉄,8両編成の80000系「ひのとり」を11月21日から運転

近鉄,8両編成の80000系「ひのとり」を11月21日から運転

近畿日本鉄道は,80000系「ひのとり」について,8両編成2本を2020(令和2)年11月21日(土)から運転すると発表した.

 80000系「ひのとり」は,これまでに6両編成7本が投入され,大阪難波—近鉄名古屋間では平日10往復・土休日11往復,大阪難波—近鉄奈良間では平日2往復・土休日1往復に充当されているが,8両編成を投入することで,現行の「アーバンライナー」で運転されている一部列車を置き換える.
 これにより,80000系「ひのとり」による列車は,大阪難波—近鉄名古屋間の平日14往復,土休日は同15往復に増発し,大阪難波—近鉄奈良間では平日1日あたり4往復とする(土・休日は現在と同じ1日1往復).
 2021(令和3)年春には,大阪難波・近鉄名古屋毎時0分発のほか,停車駅の少ない名阪特急(平日15往復・土休日19往復)が,すべて80000系「ひのとり」で運転される予定.

近畿日本鉄道21020系「アーバンライナーnext」

写真:近畿日本鉄道21020系「アーバンライナーnext」  編集部撮影  五位堂検修車庫にて  2002-12-1(取材協力:近畿日本鉄道)

近畿日本鉄道21000系「アーバンライナーplus」

写真:近畿日本鉄道21000系「アーバンライナーplus」  編集部撮影  高安検車区にて  2003-7-25(取材協力:近畿日本鉄道)

 大阪難波・近鉄名古屋毎時30分発や主要駅に停車する名阪特急については,一般特急車両から「アーバンライナー」での運転に変更し,現行の平日12往復・土休日8往復から平日16往復・土休日14往復とする.
 なお2021(令和3)年春には,1日17往復すべてが「アーバンライナー」での運転となる.

特記以外の画像は近畿日本鉄道提供