×

三菱エンジニアリング,アストラムライン7000系13編成(78両)を受注

access_time
2020年9月12日掲載
広島高速交通7000系

写真:広島高速交通7000系  松本洋一撮影  長楽寺車両基地にて  2019-10-10(取材協力:広島高速交通)

三菱重工グループの三菱重工エンジニアリングは,広島高速交通(アストラムライン)から,7000系車両13編成(78両)を受注したと発表した.

 これは,既存車両の更新向けに製作するもので,新造車の優れた走行性能や快適性,デザイン先進性などが認められ,追加受注となった.
 三菱重工エンジニアリングでは,2017(平成29)年7月(当時は三菱重工)に,7000系11編成(66両)を受注しており,第1編成が2020(令和2)年3月に,第2編成が同4月に,それぞれ営業運転を開始している.今回の受注分も含めるとアストラムラインの全24編成(144両)の受注となり,当初の計画納期を前倒しして2024(令和6)年度までに順次納入するとしている.
 7000系は,軽量で高い耐久性とリサイクル性を備えたオールダブルスキンアルミ構体を採用し,揺れを低減し乗り心地を向上させた台車である「T-smover」や,快適な座り心地を提供し足の投げ出しを防止するセミハイバックバケットシートの「G-Fit」を搭載する.さらに,全車両にフリースペースを設置し,乗客の利便性の向上を図っている.
 なお7000系は,地元の広島県三原市にある三原製作所で製造し納入される.