×

土佐くろしお鉄道2700系2両が営業運転を開始

土佐くろしお鉄道2700系2両が営業運転を開始

土佐くろしお鉄道では,2020(令和2)年8月中旬から,新形特急気動車2700系2両(2780+2730)の営業運転が開始されました.
 お盆休み期間中は,特急“あしずり”として,高知—中村・宿毛間を往復する仕業に充当されていましたが,期間終了後は,特急“しまんと”として,高松まで乗り入れる仕業に充当されるようにもなりました.
 この2両は,JR四国保有の同形式2700系との外見上の主な違いとして,車体側面の「JR」マークがないことと,先日,廃車となった土佐くろしお鉄道保有の2000系と同様に,車両番号が「30番台」として区分されていることが特徴です.なお,同鉄道保有の2000系が登場当初,車体側面に張り付けられていた「TKT」マークは,2700系では現時点において張り付けられていません.

写真:丸亀にて 2020-8-29
投稿:志摩 敬