×

EF210-319が「カンガルーライナーSS60」を代走けん引

access_time
2020年8月22日掲載
EF210-319が「カンガルーライナーSS60」を代走けん引

JR貨物では,2020(令和2)年8月21日(金),吹田機関区所属のEF210-319が,新鶴見(信)—吹田貨物ターミナル間で,2059列車(西濃運輸一部貸切列車「カンガルーライナーSS60」)を,代走けん引しました.EF210-319は,新製時から車体側面に「桃太郎」,「さる」,「きじ」,「犬」のキャラクターがラッピングされており,また,同機と塗色,塗装パターンが似ている大形コンテナが,多数連続で搭載される2059列車の代走けん引となったため,注目を集めました.なお,同列車は,所定であれば,同じく吹田機関区所属のEF66形の仕業となっています.

写真:醒ヶ井—米原間にて 2020-8-21
投稿:志摩 敬