×

明知鉄道沿線の「田んぼアート」が見ごろを迎える

access_time
2020年8月3日掲載
明知鉄道沿線の「田んぼアート」が見ごろを迎える

岐阜県恵那市では,明知鉄道山岡駅付近の水田において,「田んぼdeアート」が展開されており,2020(令和2)年7月下旬から見ごろを迎えています.
 これは,恵那市山岡町の住民有志による「山岡元気プロジェクト」が中心となって実施しているもので,今年2020年は6月7日(日)に田植えが行なわれました.
 5年目となる今回は,新型コロナウイルスの終息を願い,大河ドラマ「麒麟がくる」主人公の明智光秀をモチーフとした武将が新型コロナウイルスを斬るユニークな絵柄となっています.
 山岡駅近くのイワクラ公園展望台から全景を眺めることができ,恵那市によると,見ごろは9月上旬までとのことです.

写真:山岡—野志間にて 2020-8-2
投稿:宇佐美 昭展