×

京急,7月18日から土休日の座席指定サービス「ウィング・シート」を再開
〜座席指定券(Wing Ticket)の購入が車内で可能に〜

京浜急行電鉄 2100形更新車

写真:京浜急行電鉄2100形更新車  編集部撮影  京急ファインテック久里浜事業所にて  2013-8-20(取材協力:京浜急行電鉄)

京浜急行電鉄では,2020(令和2)年4月11日(土)以降中止していた座席指定サービス「ウィング・シート」について,7月18日(土)からサービス内容をリニューアルして再開すると発表した.

 「ウィング・シート」は,土休日に三浦半島方面の旅行や横浜・都心方面に向かう場合に,座席指定券(Wing Ticket)を購入することで快適に利用できるよう,泉岳寺—三崎口間で設定されている.
 2100形で運転される列車のうち,下りは泉岳寺9:55発から15:15発までの9本,上りは三崎口11:16発から15:56発までの8本で設定され,約40分間隔で運転される.2号車(三崎口方面から2両目)が「ウィング・シート」の指定車となっており,2号車以外の車両については,通常の快特として運転されるため,通常の運賃のみで利用できる.
 これまで,「ウィング・シート」の座席指定券(Wing Ticket)は,座席指定券購入サイト「KQuick」において,クレジットカード決済のみ購入可能となっていたが,サービス再開にあわせ,2号車において現金による購入が可能となる.
 車内での座席指定券(Wing Ticket)の発売金額は500円で,各列車の乗車駅発車時刻から上大岡駅の発車時刻までに購入することができる.なお,「KQuick」での購入はこれまでと変更なく300円で,乗車当日の4時30分から各列車の上大岡駅発車1分前まで購入することができる(いずれも1回の手続きにつき最大4枚まで購入可能).