×

鉄道博物館の183系に“そよかぜ”ヘッドマーク

access_time
2020年7月16日掲載
鉄道博物館の183系に“そよかぜ”ヘッドマーク

鉄道博物館では,屋外「183ランチトレイン」(クハ183-1020)のヘッドマークが,“踊り子”のイラストマークから,“そよかぜ”のイラストマークへ変更され,側面の行先表示は「特急 そよかぜ 中軽井沢」で展示が行なわれています.
 この“そよかぜ”は,1968(昭和43)年7月20日(土)から,東京—中軽井沢間にて季節特急として運転が開始されました.1973(昭和48)年10月1日(月)からは,東北新幹線工事の影響で,上野—中軽井沢間となり運転が続けられ,1997(平成9)年10月1日(水)長野新幹線開業により“そよかぜ”は廃止となっています.

写真:鉄道博物館にて 2020-7-15
投稿:舛掛 尚則