×

JR北海道,キハ261系5000番台「はまなす編成」が完成

access_time
2020年7月16日掲載
JR北海道,キハ261系5000番台「はまなす編成」が完成

JR北海道では,観光列車に活用できる特急車両として導入するキハ261系5000番台のうち「はまなす編成」が完成したと発表した.

JR北海道,キハ261系5000番台「はまなす編成」が完成

 キハ261系5000番台は,“北斗”や“とかち”で使用されているキハ261系1000番台をベースとして,インテリアやエクステリアのデザインと一部設備を変更する. エクステリア(外観のカラー)は, 北海道を代表する花である「はまなす」と「ラベンダー」をイメージしたものとし, その2種類1編成ずつ(各5両編成)が登場する.
 1号車はフリースペースとしてイベントなどでの使用を想定し,グループや個人での利用が可能.あわせてフリースペース後方に2名で利用できる掘りごたつ式の多目的室兼個室と地域の特産品などを販売するカウンターが設置される.

JR北海道,キハ261系5000番台「はまなす編成」が完成

 2号車から5号車は普通車とし,各座席には,向かい合わせとした時にもテーブルが利用できるインアームテーブルのほか,従来どおり前席の背面にもテーブルを設置する.
 今後は,2020(令和2)年10月ごろから「はまなす」編成,2021(令和3)年4月ごろから「ラベンダー」編成の使用開始を予定している.

写真はすべてJR北海道のニュースリリースから