×

トミーテック,2020年12月〜2021年1月の発売予定品を発表

トミーテック,2020年12月〜2021年1月の発売予定品を発表

トミーテックは,2020(令和2)年12月から2021(令和3)年1月のNゲージ発売予定品を発表しました.

■JR 223系2000番台
 JR西日本の223系2000番台のうち,先頭車の運転台側前面に転落防止幌が取り付けられた2015(平成27)年以降の姿が製品化されます.
 セット内容は,<98391>(新快速)基本セット,<98392>増結セット(4両),<98393>(快速)6両編成セットで,<98391>と<98393>はM付きとなります.
 製品は,先頭車の転落防止幌を新規製作による別パーツとなります.先頭車のスカートは下部が延長された姿で,車体妻面のビードがない仕様が再現されます.前面表示は,<98391>に「A 新快速 姫路」,<98393>に「A 快速 米原」を装着済みとし,いずれのセットにも交換用パーツが付属します.車番は,選択式の転写シートが<98391>・<98393>のセットにそれぞれ付属します.先頭車同士の連結時にヘッドライトが点灯する機能も装備します.
 このほか,<98391>はウインド付紙箱つり下げ式パッケージが採用され,<98391>と<98393>の動力車には,新形モータ「M-13」が採用されます.
 価格は<98391>が14600円(税抜),<98392>が9400円(税抜),<98393>が20000円(税抜)で,発売予定は2020(令和2)年12月です.
※詳しくは,各製品情報のページ(<98391>(新快速)基本セット<98392>増結セット<98393>(快速)6両編成セット)をご覧ください.
■JR 185系0番台・200番台(踊り子・新塗装・強化型スカート)
 JR東日本の185系0番台のうち,ホワイトをベースに湘南色のグリーンとオレンジをブロックパターンで配した新塗装で,強化型スカートを装備した姿がハイグレード仕様で製品化されます.
 セット内容は,<98395>基本セットA,<98396>基本セットB,<98397>増結セット,<98398>200番台セットで,<98395>・<98396>・<98397>はM付きとなります.
 <98395>と<98396>は,PS16形パンタグラフを装着し,サロ185はトイレ窓のない姿が再現されます.付属のトレインマークはイラストの「湘南ライナー」・「特急あかぎ」と文字のみの「おはようライナー」・「普通」が付属します.
 <98397>は,PS16形パンタグラフを装着し,サロ185はトイレ窓のない姿が再現されるほか,TNカプラー(SP)が標準装備となります.
 <98398>は,PS24形パンタグラフを装着し,クハ185の前面のタイフォン部分にカバーが付いている姿が再現されます.サロ185は200番代特有のトイレ窓がある姿とし,付属のトレインマークはイラストの「湘南ライナー」・「おはようとちぎ」・「ホームタウンとちぎ」と文字のみの「普通」が付属します.
 このほか<98395>・<98396>・<98398>については,ATS車上子が別パーツで付属します.車番は選択式の転写シートが付属し,JRマーク・グリーンカーマークは印刷済みです.さらに運行番号シールが付属します.また,トレインマークはイラストの「踊り子」が装着済みで,TNカプラー(SP)が標準装備となります.動力車のモータには,新形モータ「M-13」が採用されます.
 価格は<98395>が19100円(税抜),<98396>が19000円(税抜),<98397>が15500円(税抜),<98398>が24800円(税抜)で,発売予定は2020(令和2)年12月です.
※詳しくは,各製品情報のページ(<98395>基本セットA<98396>基本セットB<98397>増結セット<98398>200番台セット)をご覧ください.
■国鉄 103系(初期型非冷房車・スカイブルー)
 国鉄103系非冷房車のうち,京浜東北線などで活躍したスカイブルー色がハイグレード仕様で製品化されます.
 セット内容は,<98399>基本セット(3両編成),モハ103形+モハ102形の<98400>増結セット,<9008>サハ103形の単品で,それぞれ発売価格は,13800円(税抜),5300円(税抜),2600円(税抜)です.
 いずれのセットも車端部の空気配管が立体的に再現され,TNカプラー(SP)標準装備とします.なお,先頭部のTNカプラーは開口部の狭いものが採用されます.またATS車上子は,別パーツで再現されます.
 <98399>は両先頭車の前面下部に通風口があり,クハ103形はジャンパ栓受けのない500番台としています.車番は選択式で転写シートが基本セットのみに付属するほか,動力車のモータは新形モータ「M-13」が採用されます.発売予定は2020(令和2)年12月です.
※詳しくは,各製品情報のページ(<98399>基本セット<98400>増結セット<9008>サハ103形)をご覧ください.
■JR E217系(4次車・更新車)
 E217系のうち,更新工事により帯のカラー,パターンが変更された4次車が製品化されます.
 製品は,JRマーク・前面ロゴ・グリーンマークは印刷済みで,車番は選択式の転写シートが付属します.サロ217形・サロ216形のシートは2階部分が青系,1階部分が赤系のカラーシートで再現されます.先頭車運転台側はTNカプラー(SP)を装備し,動力車のモータは新形モータ「M-13」が採用されます.
 このほか,今回の製品には交換用印刷済み前面表示パーツとして「エアポート成田」が付属する予定です(交換には遮光ケースの分解が必要です).
 セット内容は,<98720>基本セットA(7両),<98721>基本セットB(4両),<98722>増結セット(4両)で,それぞれ発売価格は,23000円(税抜),15800円(税抜),9000円(税抜)で,発売予定は2020(令和2)年12月です.
※詳しくは,各製品情報のページ(<98720>基本セット<98721>基本セットB<98722>増結セット)をご覧ください.
■国鉄115系1000番台(湘南色)
 国鉄115系のうち,シートピッチ拡大や,耐寒耐雪構造を強化した1000番台が製品化されます.
 セット内容は,クモハ114形1500番台とクモハ115形の<98082>2両セットと,冷房準備車の<98401>3両セットで,それぞれ発売価格は,10000円(税抜),13000円(税抜)です.
 <98082>は,パンタグラフ付きのクモハ114形に動力ユニット搭載し,クモハ115形はオリジナルの1000番台で再現されます.
 <98401>は,クモハ115形+モハ114形+クハ115形の3両編成セットで,パンタグラフ付きのモハ114形に動力ユニットが搭載されます.
 いずれも,屋根はクーラー搭載部分に蓋がされた冷房準備車の姿で,クモハ115形とクハ115形の前頭部側ベンチレータは大形のものが取付済みです.車番とJRマークは選択式の転写シートが付属し,前面表示部は選択式のシール対応となります.パンタグラフはPS23形で,先頭車運転台側はTNカプラー(SP)を装備し,動力車のモータは新形モータ「M-13」が採用されます.発売予定は2020(令和2)年12月です.
※詳しくは,各製品情報のページ(<98082>湘南色・クモハ114 1500セット)<98401>湘南色・冷房準備車セット)をご覧ください.
■しなの鉄道 115系電車(台湾鉄道自強号色) ※特別企画品
 しなの鉄道と台湾鉄道管理局の友好協定締結を記念し,台湾鉄道管理局のEMU100型をイメージした115系S9編成「台湾鉄道自強号色」が製品化されます.
 製品は,車番を印刷済みとし,Hゴムは黒色で再現されます.前面表示部は選択式でシール対応とし,印刷済みヘッドマークも付属します.また,クーラはAU75G形,パンタグラフはPS23形を搭載た姿が再現されます.なお,先頭車運転台側はTNカプラー(SP)を装備し,動力車のモータは新形モータ「M-13」が採用されます.
 価格は,15000円(税抜)で,発売予定は2021(令和3)年1月です.
詳しくは,製品情報のページをご覧ください.
■【1/80サイズ】JR 485・489系(雷鳥)
 14系14形で運転されていた寝台特急“北陸”のうち,2010(平成22)年ごろのパノラマグリーン車が連結された姿が製品化されます.基本セット<HO-9059>に増結セット<HO-9060>を組み合わせることで9両編成が再現できるほか,金沢方の先頭車をクハ489形600番台(貫通形)とした特別企画品<HO-9095>も発売されます.
 <HO-9059>は,大阪方のパノラマグリーン車クロ481形2000番台を新規製作し,金沢方のクハ489形は非貫通方形の700番台とします.クハ・モハ・サハの洗面所窓やモハ・サハの非常口がない姿が製品に反映されます.またサハ481形は,モハ484形から改造された600番台とし,特徴的な屋根やシートピッチが拡大された座席が新規パーツで再現されます.モハユニットは,きのこ形のAU12形クーラ(初期型)を搭載し,クハ489形のトレインマークは「雷鳥」が付属します.
 <HO-9060>は,洗面所窓(モハ485形500番台を除く)と非常口がない姿で,モハ485形500番台はトイレタンク,水タンクが撤去された床下が新規に制作されます.また,モハ485形500番台とモハ484形600番台はシートピッチが拡大された座席が新規パーツで再現されます.モハ488形・モハ489形はAU71形・AU13形クーラを搭載する姿が再現されます.
 <HO-9095>は,全車両に室内照明ユニットが取付済みとなります.クハ489形は貫通形の番台とし,前面貫通扉が閉鎖された姿が再現されます(クロ481形2000番台は<HO-9059>と共通).クハ・モハ・サハの洗面所窓(モハ485形500番台を除く)や非常口(モハ・サハ)がない姿が製品に反映されます.モハ485形500番台はトイレタンク,水タンクが撤去された床下が新規に制作されます.
モハ485形500番台・モハ484形600番台・サハ481形600番台はシートピッチが拡大された座席が新規パーツで再現されます.5・6号車のモハ485形・モハ484形は初期形,7・8号車のモハ485形・モハ484形は後期形がプロトタイプです.
 いずれのセットも,側面表示灯は取付済みで,一部表記が印刷済みとなります.車番は選択式転写シートで,方向幕シールは実感的な裏から貼付するタイプです(いずれも<HO-9059>・<HO-9095>に付属).最小半径R490が通過可能です.
 価格は,基本セット(4両)が42800円(税抜),増結セット(4両)が41900円(税抜)です.
※詳しくは,各製品情報のページ(<HO-9059>基本セット<HO-9060>増結セット<HO-9095>特別企画品)をご覧ください.
※特別企画品は,通常販売商品と異なり,生産後に一定期間をあけて生産・販売される場合がある商品です.