×

箱根登山鉄道,宮ノ下—強羅間でも試運転を開始

access_time
2020年7月10日掲載
箱根登山鉄道,宮ノ下—強羅間でも試運転を開始

箱根登山鉄道では,2020(令和2)年7月9日(木)から,宮ノ下—強羅間でも試運転が開始されました.
 箱根登山鉄道の鉄道線は,2019(令和元)年10月の台風19号による被害により箱根湯本—強羅間が不通となり,復旧作業の進ちょくにより,2020(令和2)年5月からは箱根湯本—大平台付近,6月には鉄道施設の機能確認などとあわせて,宮ノ下付近まで試運転区間が延長されていました.今後は,7月23日(木祝)の全線での運転再開に向けて試運転が続けられます.
 なお,9日(木)の試運転では,午前中はモハ1形モハ104+モハ106,昼以降は2000系クモハ2005+モハ2203+クモハ2006(グレッシャーエクスプレス色)が使用されました.

写真:宮ノ下—小涌谷間にて 2020-7-9
投稿:力石 尚久