×

「ノースレインボーエクスプレス」が特急“宗谷”・“サロベツ”を代走

access_time
2020年7月5日掲載
「ノースレインボーエクスプレス」が特急“宗谷”・“サロベツ”を代走

JR北海道では,所定では苗穂運転所所属のキハ261系0番台4両で運転される,特急“宗谷”・“サロベツ”のうち,2020(令和2)年7月3日(金)の特急“宗谷”(稚内行き)・特急“サロベツ”4・3号と,翌4日(土)の特急“サロベツ”2・1号・特急“宗谷”(札幌行き)は,同所所属のキハ183系5200番台「ノースレインボーエクスプレス」が代走しました.所定のキハ261系に何らかのトラブルが発生し,車両のやり繰りができなくなったためと思われます.写真は7月4日の特急“サロベツ”2号(62D)です.
 なお,「ノースレインボーエクスプレス」は6月20日(土)から8月16日(日)と6月13日(土)から9月22日(火祝)の土曜・休日に臨時特急“フラノラベンダーエクスプレス”1・4号に充当される予定でしたが,新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため,7月17日(金)までの運休が決まっています.

写真:士別—下士別間にて 2020-7-4
投稿:清水 龍太郎