×

383系4連2本による“しなの”運転

access_time
2020年7月4日掲載
383系4連2本による“しなの”運転

JR東海では,令和2年7月2日(木)の特急“しなの”25号に,長野方から383系A101編成+A103編成という4両編成2本を連結した8両編成が充当されました.
 この編成は翌3日(金)も,“しなの”8・15・24号と“ホームライナー中津川”3号に充当されています.写真の“しなの”24号では,5・6号車の指定席発売は停止されていたため,5・6号車車内に乗客の姿はありませんでした.
 383系は8両編成で運転されることもありますが,その場合は6両編成に2両編成を繋ぐため,グリーン車は1両連結が所定となっています.そのため,グリーン車付きである4連のA100番台編成を2編成つないだ姿は非常に珍しいものと思われます.

写真:恵那にて 2020-7-3
投稿:堀江 亮