×

水島臨海鉄道,営業開始50周年記念マンホールを制作
〜「マンホールカード」を配布〜

access_time
2020年6月28日掲載
水島臨海鉄道,営業開始50周年記念マンホールを制作

水島臨海鉄道では倉敷市との連携のもと,営業開始50周年を記念して,ご当地マンホールを3種類制作しました.このうちの1種類を「マンホールカード」として,2020(令和2)年7月3日(金)から配布します.

画像:設置される営業開始50周年記念マンホールのデザイン(水島臨海鉄道WEBサイトから)

■「営業開始50周年記念マンホール」について
デザイン (1)水島臨海鉄道の頭文字をとったオリジナル車両MRT300形
(2)導入予定のDD200形
(3)3年前に引退した旧国鉄車両であるキハ205
※「マンホールカード」の絵柄は(3)です.
設置場所 (1)倉敷市駅付近
(2)栄駅付近
(3)水島駅付近
※詳しい設置場所については,水島臨海鉄道WEBサイトをご覧ください.
■「マンホールカード」の配布について
配布開始日時 2020(令和2)年7月3日(金)10時30分
配布場所など ●水島駅(月曜~土曜)
・配布時間...10時〜13時,14時〜18時45分
●倉敷市駅(日曜,12月29日~1月3日のみ)
・配布時間...7時~16時30分
※水島駅は日曜が休業日のため,日曜のみ倉敷市駅でカードが配布されます.
※カードは各窓口まで直接来られた方に配布されます.
※カードの配布は,ひとり1枚限りです.
※郵送などの対応は行ないません.
ご案内 水島臨海鉄道50周年記念マンホールとマンホールカードについて(水島臨海鉄道WEBサイト)