×

長崎電気軌道,7月1日にダイヤ改正を実施

access_time
2020年6月25日掲載

長崎電気軌道は,2020(令和2)年7月1日(水)にダイヤ改正を実施すると発表した.

 今回の改正では,市民会館電停での乗換え運用開始にあわせて,同電停での乗換えを考慮した調整を行ない,利便性の向上を図る.平日朝のラッシュ時間帯については増便を行ない,終発時刻は赤迫発蛍茶屋行きの時刻(22:17発→22:18発)と蛍茶屋発の時刻・行先(22:57発浦上車庫行き→22:55発赤迫行き)を変更する.なお,現在実施している平日・土日祝の共通ダイヤは継続し,運行度数(片道)や始発時刻の変更は行なわない.
 乗換え運用についてはこれまで新地中華街電停限定で,1号系統—5号系統間の乗換えを対象に,乗換え後の運賃が無料となる「のりつぎ券」を発行(ICカードは自動適用)していたが,7月1日(水)からは市民会館電停も対象となり,3号系統—4・5号系統間でも乗換え後の運賃が無料となる(新地中華街電停と市民会館電停で続けて乗換えた場合は無効).
 なお,現金による乗換え適用(「のりつぎ券」の発行)は2021(令和3)年3月31日(水)をもって終了する.