×

東武伊勢崎線で野田線車両による乗務員習熟運転

access_time
2020年5月29日掲載
東武伊勢崎線で野田線車両による乗務員習熟運転

東武鉄道では,2020(令和2)年4月27日(月)から,南栗橋車両管区七光台支所所属車両を使用した試運転が,伊勢崎線(東武スカイツリーライン)春日部—北春日部間において,平日の日中に5往復行なわれています.
 6月6日(土)の本線系統ダイヤ改正にともない,増発される特急“アーバンパークライナー”が,北春日部に隣接する南栗橋車両管区春日部支所所属の500系「Revaty」で運転されているため,同区間において送込み回送ならびに返却回送が行なわれることから,その習熟訓練が目的と思われます.
 試運転に使用される車両は,野田線(東武アーバンパークライン)で運転されている8000系・10000系・60000系が,日替わりで充当されており,6月6日(土)の本線系統ダイヤ改正の直前まで続けられるものと思われます.

写真:北春日部—春日部間にて 2020-5-28
投稿:大塚 真