×

大阪モノレール,女性駅係員制服を6月1日からリニューアル

access_time
2020年5月27日掲載
大阪モノレール,女性駅係員制服を6月1日からリニューアル

大阪高速鉄道(大阪モノレール)は,開業30周年を記念して,2020(令和2)年6月1日(月)から女性駅係員の制服をリニューアルすると発表した.

 これは,開業30周年の節目に改めて原点に立ち返り,利用者の心に寄り添うサービスを提供しつづけるという思いを込めて実施するもので,新制服は「清潔感」と「信頼感」を表すネイビーを基調に,大阪モノレールのコーポレートカラーであるウルトラマリンブルーをあしらい,より明るいイメージとした.
 また,形もノーカラージャケットとオーバーブラウスを初めてを取り入れるなど,これまでのイメージを一新している.スカーフはオリジナルデザインとし,発色の良いカラーをベースに和の雰囲気を取り入れた4色を展開する.このほか,社員が快適に着用できるよう,着心地の良さ・耐久性・扱いやすさなど機能性を向上させた.
 なお,男性駅係員制服のリニューアルについては2018(平成30)年度に実施済みとなっている.

写真は大阪高速鉄道のニュースリリースから