×

JR東日本,7月4日に水郡線 西金—袋田間の運転を再開

access_time
2020年5月21日掲載
JR東日本キハE130形0番台

写真:キハE130形  編集部撮影  水戸運輸区にて  2006-12-15(取材協力:JR東日本)

JR東日本水戸支社では,2019(令和元)年10月の台風により不通区間となっていた水郡線の西金—袋田間について,2020(令和2)年7月4日(土)から運転を再開すると発表した.

 今回の運転再開で,現在,西金発着となっているすべての列車が,袋田発着に変更となる.あわせて水戸22:30発常陸大宮行きを袋田行きに変更する.また,代行バスについては,上小川—常陸大子間での運転とし,水戸方面から常陸大子以遠へ向かう場合は,上小川で列車から代行バスに乗換えとなる.
 なお,残る不通区間は袋田—常陸大子間の3.8kmとなり,水郡線の全線運転再開については,決定次第発表される.

特記以外の画像はJR東日本水戸支社のニュースリリースから