×

JR東日本,5月28日以降の新幹線・中央線特急・常磐線特急の指定席発売を見合わせ

JR東日本 E5系量産車

写真:JR東日本E5系量産車  編集部撮影  新幹線総合車両センターにて  2010-12-14 (取材協力:JR東日本)

JR東日本は,2020(令和2)年5月28日(木)以降の新幹線・中央線特急・常磐線特急の指定席発売を見合わせると発表した.

 これは,新型コロナウイルスの感染拡大にともない,利用が減少している新幹線や一部の在来線特急について,今後このままの利用状況で推移した場合,一部の列車を運休する可能性があるためで,ゴールデンウィークの利用状況や社会情勢などを踏まえ,運転計画を確定するまで指定席発売をいったん見合わせる.
 指定席発売を見合わせる列車は,東北・北海道新幹線の“はやぶさ”,“はやて”,“やまびこ”,“なすの”,秋田新幹線の“こまち”,山形新幹線の“つばさ”,上越新幹線の“とき”,“たにがわ”,“Maxとき”,“Maxたにがわ”,北陸新幹線の“かがやき”,“はくたか”,“あさま”の全列車が対象となる.

JR東日本E353系

写真:JR東日本E353系  編集部撮影  豊田車両センターにて  2015-8-23(取材協力:JR東日本)

 また在来線特急では,中央本線の“あずさ”,“かいじ”,“富士回遊”と常磐線の“ひたち”,“ときわ”の全列車が対象となる.また,すでに「えきねっと事前受付」に申込みを受け付けた内容についても,発売見合わせにともない取り消しとなる(北陸新幹線については,JR西日本「e5489」での事前申込み/予約についても、発売見合わせにともない,申込み不成立となる).
 なお,運転計画の確定は5月の中旬を予定している.