×

JR北海道,札沼線 北海道医療大学—新十津川間の最終運転日を繰り上げ(追記あり)

access_time
2020年4月15日掲載

JR北海道では,札沼線北海道医療大学—新十津川間について,定期列車の最終運転日を2020(令和2)年5月6日(水)としていたが,新型コロナウイルスの感染拡大と「緊急事態宣言」にともない,4月24日(金)に変更すると発表した.あわせて,予定されていたイベント・行事なども縮小される.4月27日(月)には,沿線4町の方を中心とした「ラストラン運行」が行なわれる予定.
 新十津川行き列車については,4月17日(金)まで2両編成,18日(土)から24日(金)まで4両編成にそれぞれ車両を増やして運転する.
 なお,JR北海道では,「緊急事態宣言」にともない,対象地域を中心に外出自粛の要請が出ていることから,4月24日(金)までの期間,および27日(月)の沿線4町の方を中心とした「ラストラン運行」について,できる限り町外からの乗車,来駅,沿線での写真撮影などは控えるよう呼びかけている.また,不測の事態により最終運行が繰り上げる場合があるとのこと.
〜4月16日追記〜
 国からの発表により,北海道が新型コロナウイルスに関する「緊急事態宣言」の対象地域となりました.これにともない,札沼線北海道医療大学—新十津川間の最終運転日・列車は4月17日(金)の新十津川10:00発に再度変更となりました(これ以降の上下列車はすべて運休).
 あわせて4月27日(月)に予定されていた沿線4町の方を中心とした「ラストラン運行」も中止となりました.

※詳しくは,JR北海道のニュースリリースをご覧ください.