×

JR東日本,「東京フリーきっぷ」をSuicaで発売

JR東日本,「東京フリーきっぷ」をSuicaで発売

JR東日本では,2020(令和2)年3月14日(土)から,「東京フリーきっぷ」を,Suicaで利用できるIC企画乗車券として発売します.
 IC企画乗車券としての発売により,フリーエリア内の駅の自動改札機をワンタッチでスピーディーに利用できるほか,フリーエリア外に乗り越した場合でもチャージ残高から自動精算が可能となります.

画像:「東京フリーきっぷ」のフリーエリア(JR東日本ニュースリリースから)

発売・利用期間通年
有効期間1日 ※0時を過ぎた場合,終電車まで有効
発売金額大人1600円,小児800円
利用区間東京23区内のJR普通列車(快速含む)の普通車自由席と東京地下鉄(東京メトロ),東京都交通局(都営地下鉄,日暮里・舎人ライナー,都電荒川線,都営バス)が乗り降り自由
※都営バスのうち,深夜バス・座席定員制バスは対象外です.
発売券種●My Suica(記名式)
●Suicaカード
●Welcome Suica
※定期券やほかのIC企画乗車券などで利用中のSuica,モバイル Suica,記念Suica,定期券情報が搭載できないSuica付きビューカードなどは利用できません.
発売・利用開始日2020(令和2)年3月14日(土)初電から
発売場所●東京都区内にあるJR東日本各駅の下記の場所
 みどりの窓口,指定席券売機,多機能券売機,自動券売機,「JR EAST Travel Service Center」窓口
※指定席券売機は,あらかじめ利用できるSuicaをお持ちの場合,購入できます.
●東京メトロの各駅,都営地下鉄各駅,日暮里・舎人ライナーの各駅では,「東京フリーきっぷ」をPASMOで販売します.
※一部取扱いのない場所もあります.
※PASMOは株式会社パスモの登録商標です.
払戻し●未使用で有効期間内に限ります(手数料が発生します).
●列車の運休や遅れによる払戻しはありません.
●払戻しは,乗車券を発行した社局で取扱います.
そのほか●これまでの磁気券タイプも継続して販売されます.
●磁気券・IC企画乗車券ともに,新幹線は利用できません.
●有効期間開始日の変更は,有効期間内かつ未使用の場合で,発行した社局での1回に限り可能です.
●新規でSuicaを購入される場合は,別途預り金(デポジット)として500円が必要です(Welcome Suicaを除く).
ご案内「東京フリーきっぷ」のSuicaでの利用開始について(JR東日本ニュースリリース,PDFファイル)