西武,40000系ロングシート車を報道陣に公開

access_time
2020年2月27日掲載
西武,40000系ロングシート車を報道陣に公開

西武鉄道は,40000系ロングシート車を2020(令和2)年2月27日(木),小手指車両基地で報道陣に公開した.

 このほど導入された40000系10連2本は,車内がオールロングシートとなっており,車号は50番台となっている.外観では貫通扉と車体側面に掲出されているステッカーが,0番台では水色字の「LONG/CROSS」となっているのに対し,50番台では橙色字に「LONG」となっている.

西武,40000系ロングシート車を報道陣に公開

 腰掛は,0番台車と同じく青色のモケットとなっており,扉間は7人がけ,車端部は3人がけ.50番台車では0番台車の第3〜第6編成と同じく乗降扉鴨居部のみに設置されている.10号車のパートナーゾーンは従来車と同じく設置されているが,0番台車の4号車にあったトイレは,この50番台車では設置されていない

 今回導入された2本は,いずれも小手指車両基地に配置され,40151編成は12月下旬,40152編成は2月上旬から,それぞれ池袋線で営業運転を開始した.このうち,40151編成は5月上旬まで「映画ドラえもん のび太の新恐竜」のラッピング電車として運転されている.

写真はいずれも編集部撮影(取材協力:西武鉄道)