×

東武日光駅前広場で線路敷設工事

access_time
2020年2月23日掲載
東武日光駅前広場で線路敷設工事

東武鉄道日光線東武日光駅前広場では,2020(令和2)年2月ごろから,全長約13m弱の線路を敷設する工事が進められています.
 これは,栃木県日光市にある観光施設「日光霧降高原 チロリン村」で静態保存されている,もと東武鉄道日光軌道線100形109号車(のちの岡山電気軌道3000形3010号車)が,日光市へ無償譲渡されるのにともない整備されているもので,3月中に工事を完了させ,移設が行なわれる予定となっています.
 なお移設後は,パンタグラフが岡電時代の「石津式(岡軌式)パンタグラフ」から,日光軌道線時代に近似した形状のものに交換されるそうです.

写真:東武日光駅前広場にて 2020-2-22
投稿:大塚 真