東武宇都宮線などで6050形による団臨運転

access_time
2020年2月17日掲載
東武宇都宮線で6050形による団臨運転

東武鉄道では,2020(令和2)年2月16日(日),南栗橋車両管区新栃木出張所所属の6050系6167編成+6162編成(6000系リバイバルカラー塗装車)を使用した団体臨時列車が,新栃木→南栗橋→東武宇都宮→新大平下→東武日光→南栗橋→新栃木の経路で運転されました.
 6050形(634形「スカイツリートレイン」を除く)が営業運転で宇都宮線へ乗り入れるのは,2007(平成19)年10月のワンマン運転化以来のことで,あいにくの雨にもかかわらず,沿線では多くのファンがカメラを向けていました.

写真:国谷—壬生間にて 2020-2-16
投稿:大塚 真