信楽高原鐵道でSKR312とSKR311が連結運転される

access_time
2020年2月12日掲載
信楽高原鐵道でSKR312とSKR311が連結運転される

信楽高原鐵道では,2020(令和2)年2月上旬から,SKR312とSKR311の「SHINOBI-TRAIN」ラッピング車を連結した2両編成が運転されています.
 同社の公式SNSによりますと,SKR501の車輪交換作業にともない,2月下旬まで運用を離脱するため,平日朝夕および,土曜,休日の多客時に,SKR312+SKR311のペアが運転されるとのことです.写真は,SKR312を先頭に,信楽へ向かっている場面です.なお,SKR311ですが,連結運転に際し,「石原和幸 Gardening Train」ヘッドマークは取り外されています.

写真:貴生川—紫香楽宮跡間にて 2020-2-11
投稿:志摩 敬