松山貨物駅・車両基地の完成式にともなう臨時列車運転

access_time
2020年2月3日掲載
松山貨物駅・車両基地の完成式にともなう臨時列車運転

JR四国では,2020(令和2)年2月2日(日),予讃線で松山運転所所属の8600系E3編成を使用した団体臨時列車が運転されました.
 これは,3月から使用が開始される新車両基地(松山運転所)と松山貨物駅の完成式典にあわせたもので,8600系は,松山→新車両基地(松山貨物)→北伊予→伊予市→松山と走行しました.
 新しい車両基地と松山貨物駅は,JR松山駅付近連続立体交差事業にともない整備されたもので,予讃線北伊予—伊予横田間に設置され,北伊予から1.6km,伊予横田から1.1kmにあたる,新車両基地の中央付近には新駅の南伊予(みなみいよ)駅も3月14日(土)に開設されます.

写真:市坪—北伊予間にて 2020-2-2
投稿:松崎 大輔