JR東日本,東北・上越新幹線に新形電車線設備を導入

JR東日本 E5系量産車

写真:JR東日本E5系量産車  編集部撮影  新幹線総合車両センターにて  2010-12-14 (取材協力:JR東日本)

JR東日本と公益財団法人鉄道総合技術研究所は,2020(令和2)年度から東北・上越新幹線において,従来よりも設備点数が少ない新形電車線設備「高速シンプル架線」を,設備の老朽取替えにあわせて順次導入すると発表した.

 現在,東北・上越新幹線では,3本の電線で構成された電車線設備である「コンパウンド架線」がおもに使用されているが,これを2本の電線で構成される「シンプル架線」に変更する.あわせて,ちょう架線とトロリ線に新たな材料を採用することで,機能向上を図る.
 今回開発された「高速シンプル架線」は,現在の新幹線の営業最高速度320km/hの線区で使用可能で,さらなる高速化を図る場合,高強度かつ軽量なトロリ線を採用することで最高速度360km/hにも対応が可能となっている.

JR東日本,東北・上越新幹線に新形電車線設備を導入

 「高速シンプル架線」は,従来のコンパウンド架線に比べ設備点数が少なくなるため,設備に起因する故障リスクが低減できる.また,高強度と高導電性を兼ね備えた「PHCトロリ線」などを採用することで,トロリ線とちょう架線の総張力を53.9kNと高め速度向上につなげる.
 さらに,従来のコンパウンド架線から「高速シンプル架線」に更新することで,架線を構成する電線が3本から2本に減るため,省メンテナンス化が可能となる.また,ちょう架線に耐腐食性に優れた「硬銅より線」を採用することで,従来の「亜鉛めっき鋼より線」に比べ取替周期が延伸されるほか,高強度のトロリ線は耐摩耗性に優れることから,従来のトロリ線と比較し取替周期の延伸が期待できるとしている.
 今後は,2020(令和2)年度以降,東北新幹線の上野—大宮間・古川—盛岡間と上越新幹線の大宮—本庄早稲田間に順次導入し,対象区間以外への導入は,設備の老朽度や今後の走行実績などを勘案しながら検討が行なわれる.

写真は特記以外JR東日本のニュースリリースから