×

JR東海,315系を新製へ

access_time
2020年1月22日掲載
JR東海,315系を新製へ

JR東海では,新形式の在来線通勤形電車として315系を新製すると発表した.

 これは,発足前後に投入した211系,213系,311系が更新期を迎えることから,置換え用として導入されるもの.
 デザインは「先進性×親近感」を表現し,長く親しまれているコーポレートカラーのオレンジを配色に使用する.また,通勤形電車の新しい顔として,直線を使用した幾何学的な形状や横長に連続した前面表示窓を採用し,スカートは,排障機能を向上させた形状とする予定.
 また,JR東海の在来線車両で初めて非常走行用蓄電装置を搭載することで,停電時などに最寄り駅まで走行可能となる.車内には,防犯カメラを1両につき5ヵ所設置し,セキュリティの向上を図る.また,階段位置や駅設備,運行情報などを車内のフルカラー液晶ディスプレイに表示し,乗客に対しての案内充実を図る.さらに全車両に車椅子スペース,全編成に車椅子対応トイレを設置するなど,バリアフリー設備を設置する.
 主要機器(ATS-PT,モータを駆動する電力変換装置)は2重系化などを施し,信頼性を向上させる.あわせて,車両と地上との間のデータ通信装置を導入し,メンテナンスに活用するほか,台車などの振動状態を常時監視する振動検知装置を取り付け,異常の発生の抑制や迅速な検知を行なう.
 台車には,試験走行中である次期特急車両HC85系と同じ台車構造を採用し,乗り心地を向上を図る.モータを駆動する電力変換装置には,SiC素子を導入するなどの省エネルギー化を図り,211系と比較して消費電力量を約35%低減する.室内灯・前照灯にはLEDを採用する.
 315系は,2021(令和3)年度から2025(令和7)年度にかけて352両を新製し,名古屋・静岡都市圏を中心に,中央本線,東海道本線,関西本線などに順次投入する予定.JR東海発足前に製作した車両(211系8両)を更新することで,同車が保有するすべての車両が会社発足以降に新製した車両となる.設備投資費は,約720億円(車両製作費,付帯工事費を含む)となる予定.

画像はJR東海のニュースリリースから