×

SL「大樹」をC11 207が単機でけん引

SL「大樹」をC11 207が単機でけん引

東武鉄道では,鬼怒川線で運転されているSL「大樹」について,編成最後尾に補機として連結されているDE10 1099が検査により運用を離脱していることから,2019(令和元)年12月21日(土)から2020(令和2)年3月8日(日)までの計29日間の予定で,C11 207単機けん引での営業運転が始まりました.

写真:大桑—大谷向間にて 2019-12-21
投稿:大塚 真