只見線仕様となったキハE120-3が羽越本線・米坂線運用に

access_time
2019年12月22日掲載
只見線仕様となったキハE120-3が羽越本線・米坂線運用に

JR東日本では,2020(令和2)年3月改正のダイヤ改正から只見線に転用されるキハE120形において,2019(令和元)年12月上旬から只見線仕様となった車両が続々と登場しています.
 このほど,キハE120-3も只見線仕様となりましたが,これまでのカラーリングとなっているキハE120-6と組んで,12月17日(火)から羽越本線・米坂線の運用に入っています.
 カラーリングが変更されたキハE120-3は,所属表記がこれまでと同じ「新ニツ」となっているのですが,よく見るとシールとなっており,転用先の「仙コリ」の上に張られているようです.

写真:越後片貝—越後下関間にて 2019-12-20
投稿:郡司 智也