鉄道博物館のC57 135に“SLクリスマストレイン”のヘッドマーク

access_time
2019年12月19日掲載
鉄道博物館のC57 135に“SLクリスマストレイン”のヘッドマーク

鉄道博物館では,クリスマスシーズンの2019(令和元)年12月1日(日)から12月25日(水)まで,『メリーてっぱクリスマス 2019』が開催されています.
 現在,実施されている展示車両の「クリスマス・冬」関連ヘッドマーク取り付けでは,12月18日(水)から,本館1階車両ステーションに展示されている,C57 135の“さよならSL”の模造ヘッドマークが,“SLクリスマストレイン”のヘッドマークに変更されて展示が行なわれています.
 この“SLクリスマストレイン”のヘッドマークは,2017(平成29)年12月に新潟—会津若松間で運転された際に,C57 180に取り付けられたヘッドマークのデザインとなっていて,“SLばんえつ物語”号のキャラクター,オコジロウとオコミのサンタクロース姿が描かれています.また,C57 135が展示されている近くでは,“SLばんえつ物語”号のヘッドマークが展示されています.

写真:鉄道博物館にて 2019-12-18
投稿:舛掛 尚則