×

東武,SL「大樹」でC11 207による単機けん引を実施

access_time
2019年12月1日掲載
東武鉄道 C11 207号機

写真:C11 207  編集部撮影  東武鉄道南栗橋車両管区にて(取材協力:東武鉄道)

東武鉄道では,東武鬼怒川線下今市—鬼怒川温泉間で運転しているSL「大樹」について,期間限定でC11 207の単機での客車けん引を行なうと発表した.

東武,SL「大樹」でC11 207による単機けん引を実施

 通常運転では,編成の最後尾に補機としてDE10形が連結されるが,DE10形が車両検査のため使用できないことから,今回の単機けん引となった.
 運転期間は,2019(令和元)年12月21日(土)から2020(令和2)年3月8日(日)までの指定日(計29日間)で,期間中はC11 207+車掌車+客車3両編成(2号車はドリームカー)で運転される.
 なお,上記運転期間については,DL「大樹」での代替運転を行なわない.

写真:特記以外は東武鉄道ニュースリリースから