東武で「6000系リバイバルカラー車両」が営業運転を開始

access_time
2019年11月30日掲載
東武で「6000系リバイバルカラー車両」が営業運転を開始

東武鉄道では,2019(令和元)年11月30日(土),日光線全線開通90周年を記念し,旧6000系のツートンカラー塗装へ衣替えした,南栗橋車両管区新栃木出張所所属の6050系6162編成(旧6000系6119編成)の営業運転が開始されました.
 運転開始当日は,東武トップツアーズ主催による団体臨時列車『東武日光線90周年記念号』として(新栃木→)東武日光→東武動物公園(→春日部→新栃木)の経路で運転され,東武日光駅では,東武日光駅務管区長や日光市内の幼稚園に通園している園児たち臨席のもと出発式が催されました.
 翌12月1日(日)も,南栗橋車両管区で開催される『東武ファンフェスタ』会場から鬼怒川線鬼怒川温泉駅へ向かう,東武トップツアーズ主催による団体臨時列車『東武日光線90周年記念号』が運転される予定となっています.

写真:東武日光にて 2019-11-30
投稿:大塚 真