東武634形「スカイツリートレイン」が桐生線に入線

access_time
2019年11月18日掲載
東武634形「スカイツリートレイン」が桐生線に入線

東武鉄道では,2019(令和元)年11月17日(日),南栗橋車両管区所属の634形「スカイツリートレイン」による団体臨時列車が,(南栗橋→)北千住→春日部→相老(→赤城→東武動物公園→)東武日光→春日部→北千住→浅草(→南栗橋)の経路で運転されました.※( )内は回送
 これは,クラブツーリズムの主催による『渋滞知らず! 貸切展望列車スカイツリートレインで行く! 宝徳寺床もみじ 高津戸峡 錦秋の日光東照宮』のツアー列車として運転されたもので,ツアー参加者は,桐生線相老駅でいったん降車して貸切観光バスに乗り換え,宝徳寺・高津戸峡・日光東照宮の「紅葉の名所」を観光した後,日光線東武日光駅で再び乗車するコースが組まれました.
 634形「スカイツリートレイン」が,伊勢崎線東武動物公園以北へ久しぶりに乗り入れ,桐生線赤城駅に到着した際は,200系“りょうもう”と上毛電気鉄道700形とのスリーショットを見ることができました(写真).

写真:赤城付近にて 2019-11-17
投稿:大塚 真