札沼線で「山紫水明」による団臨運転

access_time
2019年11月18日掲載
札沼線で「山紫水明」による団臨運転

JR北海道では,2019(令和元)年11月16日(土)・17日(日),苗穂運転所所属のキハ40 1790「山明」号と旭川運転所所属のキハ40 1791「紫水」号を使用した団体臨時列車が札沼線で運転されました.
 これは『山紫水明号で行く札沼線の旅』ツアーにともなうもので,16日(土)の「月形町・当別町コース」は札幌—石狩月形間,17日(日)の「新十津川町・浦臼町コース」は札幌—新十津川間で運転されました.

写真:中小屋—月ヶ岡間にて 2019-11-17
投稿:仁部 敦元