キハ40系「ノスタルジー」による“秋のみまさかスローライフ列車”運転

access_time
2019年11月10日掲載
キハ40・47形「ノスタルジー」による“秋のみまさかスローライフ列車”運転

JR西日本では,2019(令和元)年11月9日(土)・10日(日)の2日間,“秋のみまさかスローライフ列車”が,因美線の津山—智頭間で1往復運転されました.
 岡山気動車区所属で「ノスタルジー」塗装のキハ40・キハ47形3両(キハ40 2134+キハ47 47+キハ47 1036)が使用され,乗客には,「乗車記念缶バッジ」がプレゼントされたほか,おもな停車駅では,地元関係団体などの協力により,数多くの『おもてなしイベント』が実施されました.
 なかでも,美作加茂駅停車中に行なわれた「タブレット(通票)」を使った撮影会は,多くの鉄道ファンから人気を集めていました.

写真:智頭—土師間にて 2019-11-9
投稿:橋本 淳