セメント輸送列車をDD51が代走けん引

access_time
2019年11月7日掲載
セメント輸送列車をDD51が代走けん引

JR貨物では,2019(令和元)年11月6日(水),関西本線富田—四日市(四日市港)間で運転されているセメント輸送列車を,愛知機関区所属のDD51 1804が代走けん引しました.
 所定では,同区所属のDF200形の仕業ですが,検査,修繕など,運用上の都合によるものと思われます.写真は,5363列車として到着したセメント輸送用タンク車を,入換扱いとして四日市港へ入れ付けるため,国指定有形文化財である,末広橋梁を通過中の場面です.

写真:四日市—四日市港間にて 2019-11-6
投稿:志摩 敬