信楽高原鐵道SKR401のラッピングに変化

access_time
2019年10月17日掲載
信楽高原鐵道SKR401のラッピングに変化

信楽高原鐵道では,現在,信楽町(滋賀県甲賀市)が舞台となる,NHK連続テレビ小説「スカーレット」をPRするため,SKR400形401号にラッピングを施し,運転しています.
 その後,白色一色であった同車両の前面に,オレンジ色の飾り帯が追加されていることが確認できました.また,SKR500形501号には,新名神高速道路・土山サービスエリアをPRするラッピングが施され,運転されています.写真は,2019(令和元)年10月16日(水),飾り帯が追加されたSKR401と,土山サービスエリアPRラッピングが施されたSKR501の2両編成で運転されている場面です.

写真:貴生川—紫香楽宮跡間にて 2019-10-16
投稿:志摩 敬