西鉄,花畑駅の駅名標デザインを変更

access_time
2019年10月8日掲載

西日本鉄道では,2019(令和元)年10月8日(火)から,天神大牟田線花畑駅の上下線ホーム各1ヵ所の駅名標を,「花畑」らしい駅名標に変更します.
 花畑駅が位置している久留米地区は,花を楽しむことができる公園や施設などの観光スポットがあり,四季折々の花々が咲き誇る魅力的な地区です.
 西日本鉄道では,地域を味わう旅列車「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」の運行を契機に,久留米地域の魅力発信およびお客さまへのおもてなしを目的に,同地区の「世界のつばき館」「久留米市世界つつじセンター」「石橋文化センター」などの施設から提供された花々を西鉄福岡(天神)駅・花畑駅ホームに展示しています.
 今回の変更では,駅名標の両面でデザインが異なっており,片面は広川町が生産量西日本1位の「ガーベラ」と久留米市の花である「コスモス」を,もう片面は久留米市の花である「クルメツバキ」の造花を駅名看板の中に敷き詰め,久留米地区の魅力を発信します.

ご案内:花畑駅の駅名標デザイン変更について(西日本鉄道WEBサイト)