EF64 1052が旧客3両をけん引

access_time
2019年10月4日掲載
EF64 1052が旧客3両をけん引

JR東日本では,2019(令和元)年10月3日(木),高崎車両センター高崎支所所属の旧形客車3両(長野方からスハフ42 2173+オハ47 2266+スハフ42 2234)が,高崎→大宮→西浦和→国立→(辰野経由)→塩尻→篠ノ井→長野の経路で配給輸送されました.けん引は全区間で同支所所属のEF64 1052が担当しました.
 この旧客3両は“飯山線開通90周年号”に使用される予定です.

写真:高尾—相模湖間にて 2019-10-3
投稿:坂本 新太