鉄道博物館の485系に“白鳥”ヘッドマーク

access_time
2019年9月29日掲載
鉄道博物館の485系に“白鳥”ヘッドマーク

鉄道博物館では,2019(令和元)年9月28日(土)・29日(日)に行なわれた『鉄道連絡船スペシャルイベント』開催にあわせ,本館1階車両ステーションに展示されている485系(クハ481-26)のヘッドマークが“ひばり”から“白鳥”(絵入り)に交換され,側面の行先表示は「特急 白鳥 青森」として展示が行なわれました.
 この“白鳥”のヘッドマークは,10月7日(月)まで掲出される予定となっています.また,9月28日(土)・29日(日)の2日間,ED75 775は,連絡船と接続し北海道への乗客が多数乗車した“ゆうづる”,“日本海”のヘッドマーク(ヘッドマークは時間により交換)を掲出して展示されました.

写真:鉄道博物館にて 2019-9-28
投稿:舛掛 尚則