ディズニーリゾートライン,2020年春に新形車両「リゾートライナー(Type C)」を導入

access_time
2019年9月26日掲載
ディズニーリゾートライン,2020年春に新形車両「リゾートライナー(Type C)」を導入

東京ディズニーリゾート®内の各施設を結ぶディズニーリゾートラインでは,2020(令和2)年春に新形車両「リゾートライナー(Type C)」1編成(6両)を導入すると発表した.

 新形車両は2001(平成13)年の開業以来,初めての導入で,「いつでも どこでも だれにでもディズニーの世界観を提供したい」を開発コンセプトとした.なお,「リゾートライナー(Type C)」の「C」はローマ数字で100を意味する.

ディズニーリゾートライン,2020年春に新形車両「リゾートライナー(Type C)」を導入

 エクステリアは,現在運行しているディズニーリゾートラインのアクセントカラーを踏襲し,2色のグラデーションに変更することで,やわらかく揺らめく波をイメージした.また,ミッキーシェイプの窓が従来の車両より大きくすることで,展望性の向上を図る.

ディズニーリゾートライン,2020年春に新形車両「リゾートライナー(Type C)」を導入

 インテリアは,室内空間が高さ,幅ともに広くなり,シート形状をロングシートにすることで,乗降性や居住性の向上を図る.また,ゲストのニーズにあわせて,各車両にフリースペース,3・4両目にはワイドフリースペースを設置し,バリアフリー設備も充実させる.
 先頭車両にある展望席は,ベビーカーや車イス利用者にも景観を楽しめるようなシート形状とする.ミッキーシェイプのつり革は,高さを3段階にすることで,子どもから大人まで楽しめるようなレイアウトとする.また,室内照明をLEDに変更し間接照明にすることで,やさしさやあたたかさが感じられる室内空間とする.
 投資額は,信号設備などの更新を含めて約125億円で,2024(令和6)年度までに全5編成(30両)が導入される.

写真:いずれも舞浜リゾートライン提供
©Disney