北恵那交通,北恵那鉄道復刻デザインバスの運転を開始

access_time
2019年9月19日掲載
北恵那交通,北恵那鉄道復刻デザインバスの運転を開始

岐阜県中津川市の北恵那交通では,北恵那鉄道時代の電車を模した復刻デザインバスの運行を開始したと発表した.
 バスは,三菱ふそうトラック・バス製で,鉄道時代の電車デザイン(ボディ塗装)と,当時の車内(椅子・床素材)を再現しているほか,最新の安全装置(EDSS)や充電用USB電源端子も装備する.
 なお,復刻デザインバスの導入にあわせ,2019(令和元)年11月末までの予定で「バスロケーションサービス」の実証実験を実施している.実証実験では,一般社団法人最先端田舎中津川の協力のもと,北恵那交通が整備したバスデータ(GTFS-JP)を活用し,「復刻バス」に取り付けたGPS機器が,バスの現在位置(緯度経度)を発信することで,バスの現在位置が地図上に表示される.