「えれんなごっそ CAFÉ107」がオープン

access_time
2019年9月15日掲載
「えれんなごっそ CAFÉ107」がオープン

神奈川県小田原市にある鈴廣かまぼこの里では,箱根登山鉄道からモハ1形107号を譲り受け,敷地内の新たな施設「えれんなごっそ CAFÉ107」の一部として改装し,2019(令和元)年9月8日(日)にグランドオープンしました.

 「えれんなごっそ CAFÉ107」は,箱根登山鉄道のある風景の中で,自然や歴史に思いを馳せながら箱根のご馳走を楽しんでもらうことをコンセプトに,2019(令和元)年7月に引退した箱根登山鉄道のモハ1形107号で軽食を楽しむことができるカフェです.店名の「えれんな」は小田原弁で「いろいろな」,「ごっそ」は「ごちそう」を意味します.

「えれんなごっそ CAFÉ107」がオープン

 モハ1形107号は,7月にさよなら運転と展示イベントを実施後,8月5日(月)に入生田検車区から強羅駅まで回送され,8月9日(金)に鈴廣かまぼこの里への搬入と設置が行なわれました.「えれんなごっそ CAFÉ107」には,店舗とテラス,車両の3つのイートインスペースがあり,店舗で購入したメニューを車両内でも食べることができます.現役時に非冷房であった車両にはオープンにあわせて,天井にクーラを設置.オープン時間帯については乗降扉を開けた状態ですが,冷気を逃がさないよう,暖簾が設置されました.また,妻面寄りには,テレビも設置され,車窓映像などを見ることができます.

「えれんなごっそ CAFÉ107」がオープン

 メニューは,鈴廣蒲鉾本店が手がける地ビール「箱根ビール」やオリジナルブレンドの「箱根珈琲」などのドリンクのほか,「かまぼこピンチョス」や「ちくわパン」・「かまぼこサンドウイッチ」など,かまぼこ店ならではの特製メニューが提供されます.また,箱根登山電車をイメージした「登山電車ケーキ」は,車体の赤をラズベリーとマンゴーのソースで,線路をチョコレートで表現したものとなっています.このほか,鈴廣かまぼこの里限定の「箱根登山電車かまぼこ」も販売しています.

「えれんなごっそ CAFÉ107」がオープン

 9月8日(日)に行なわれたオープニングセレモニーでは,箱根登山鉄道と鈴廣蒲鉾本店が,モハ1形107号の譲渡と利活用を機に,さらなる連携強化を図ることに同意.小田原・箱根の観光振興に関する連携協定書には,モハ1形107号を活かした交流やPR活動,イベント開催が盛り込まれました.
 なお,引退時の連結相手で,同時に引退したモハ1形103号は埼玉県の日本工業大学へ譲渡が決まっています.

写真はいずれも大沼一英撮影(取材協力:鈴廣蒲鉾本店)

店舗名 えれんなごっそ CAFÉ107
所在地 神奈川県小田原市風祭245
アクセス ●鉄道...箱根登山鉄道風祭駅下車,徒歩約2分
●車...小田原厚木道路 箱根口IC出口すぐ
営業時間 10時〜17時
席数 46席(店内・テラスのみ,車両を除く)
電話 0465-23-7373
ご案内 「えれんなごっそ CAFÉ107」WEBサイト