E4系“Maxとき”デザインの「ふなぐち菊水一番しぼり JR-EAST1」を発売

E4系“Maxとき”デザインの「ふなぐち菊水一番しぼり JR-EAST1」を発売

新潟県で日本酒の製造・販売を行なう菊水酒造では,E4系“Maxとき”がデザインされた「ふなぐち菊水一番しぼり JR-EAST1」を限定発売します.

名称 ふなぐち菊水一番しぼり JR-EAST1
仕様 ●容量容器...200ml缶
●製造元...菊水酒造株式会社
●品目...日本酒
●原材料...米,米こうじ,醸造アルコール
●原料米...新潟県産米100%使用
●精米歩合...70%
●アルコール分...19度
ポイント ●「ふなぐち菊水一番しぼり」は,1972(昭和47)年に日本初のアルミ缶入り生原酒として誕生し,発売から47年を迎えるロングセラー商品です.
●商品は,上越新幹線のE4系“Maxとき”をモチーフにした限定デザインで,鮮やかなブルーとピンクをメインカラーに,2階建ての車両と停車駅名,各地の特産品のイラストがデザインされています.
●片面は東京,上野,大宮,熊谷,本庄早稲田,高崎まで,もう片面は上毛高原,越後湯沢,浦佐,長岡,燕三条,新潟となっており,2缶を連結すれば上越新幹線停車駅の路線図が完成します.
参考小売価格 287円(税別)
販売本数 限定30000本
※売り切れ次第,販売終了.
出荷開始日 2019(令和元)年9月20日(金)
発売場所など ●先行発売
 東京駅,新潟駅構内(Newdays,のもの,構内小売店など)
●2019(令和元)年10月以降
・JR東日本エリアNewdays各店
・菊水直営店(本社・WEB)
ご案内 「ふなぐち菊水一番しぼり JR-EAST1」の発売について(菊水酒造ニュースリリース)